スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一切、喋らせない

動けなくして喋らせない、と以前書きましたが、日に日に酷くなってます。
人と話しをしようとすると一切、喋られません、話すことが出来ません。家族も含めてです。

どのようにかというと、主に呼吸困難を引き起こすことによって。以前は脳に対しての攻撃と書きましたが。人に近づくと、急に頭が重くボーっとなり呼吸が乱れ、かなり息苦しくなる。こういう状態になると相手から話しかけられても、ひと言返事を返すだけでも困難になる。

音声送信により、僕の声で言ってもいない悪口か何か聞かせて人間関係を破壊する被害は、これまで何度も書いてきました。ここで、この様に強引に口を封じられる形にさせられると、誤解を解くことや言い訳を言うことも出来なくなります。最近はもうほとんど喋れません、苦しくて。

ハイテクストーカーが、ここまでして喋れなくする理由を推測してみた。
1.電磁波犯罪を周りの人間に話されるのが困る。
2.林という人間が、どういう人物なのか周りの人間に知らせない為。

1はどうか?
被害を一般人に話しても、なかなか信じてもらえない被害者の方の話しがほとんどのように感じます。被害の内容が荒唐無稽です。僕自身も信じてもらえるかは正直期待はしてませんでした。被害者の間でもハイテク被害を訴える者は偽被害者としてみてる方もいて、被害者同士が疑心暗鬼になり連携できない理由のひとつになってます。
このように被害を訴えてもたかが知れてるので、喋れなくする理由は2だと思ってます。

信じてもらえるか期待してない、ではなぜ僕が被害説明をしてるかと言うと、話しかけるキッカケ作りでもあるし、危ない人間だと思われない為、相手を怒らせる気持ちは無い、などです。
2の僕の人物像を知ってもらう為ですね。
「手の込んだ言い訳を・・・」と、最初からそう思われるだろうという気持ちでやってます。

もともと無口だったのですが、このような被害に遭ってるので、口で説明するしかないとここ数ヶ月、積極的に人に近づいて話しかけることを意識して行ってきました。
「音声送信」も「強制的に表情をコントロールさせられる」被害も、僕が無口でいたから効果があったわけです。それがベラベラ喋るようになったので、今まで通用していた攻撃の効果が薄れるのを警戒しているのだと思います。

今日は非常に珍しく、途中から息苦しさが消え、頭の朦朧感が消え、本来の正常な身体に戻った。
スムーズに動けるようになったので、二名の方に近づき話しかける。その後直ぐに、これまでと同様に頭が朦朧として呼吸が苦しく動くのが精一杯の状態に戻る。
「喋らせない」という、ハイテクストーカーの強い気持ちが伝わった。



・呼吸困難で喋れない理由
呼吸困難被害は他の被害者でも報告があります。しかし喋れなくなる程のものではないと思います。
また過去に僕は「窒息しそうになる」と表現してますが「大袈裟ではないか?」と思われる被害者もいるかもしれません。偽被害者だと思われるのが心配なので説明しておきます。

実は呼吸を楽にする方法はあるのです。苦しいのに違いありませんが、喋れないという程ではないです。「表情のコントロール被害」は他の被害者の被害報告からは見当たりませんが、これが原因です。

呼吸困難時に強制的に作られる表情に抵抗すると、例えばしかめ面にさせれてる時にしかめないようにすると息苦しさが一段階強くなります。相当苦しく行動不能になります。なので強制表情に抵抗しないでいれば、何とか耐えられるレベルの呼吸困難に落ち着きます。

しかし残念なことに、これが脳を攻撃されることによって不可能になってしまいました。と、詳しく書く必要はない、と思い始めましたので、以上w
(加害者側に情報を与える形になり後悔したことが何度かあるので。またこの辺が思考盗聴を信じきれてない理由になってます。被害を訴える方を疑ってる訳ではないのですが。)



今、ブログを更新し始めたら近所の加害者が騒ぎ始めた。こんなちっぽけなブログでも、彼らの活動に影響を与えるのだろうか?

脳に対する攻撃2(職場での影響)

最近新たな職場に就いたのですが、職場でも容赦なく脳への攻撃が行われている。

就業時間ずっとではないが、ほぼずっと継続される。一時的に脳が正常に戻るときもあるが、人が近づいてきたり、騒音が聞こえると同時に頭が重くなり上記の状態になる。
これを読んだ方は精神的なモノではないのか?(人前での緊張など)と思われるでしょうが、近くの人の存在を自分が認識する前に、また騒音に気付く前に頭重が始まるのです。普通、逆でしょう?

苦しさが先行して周りの人や騒音なんて気にならなくなるなんてレベルが多いです。こんな時は、頭の重い痛みと呼吸の苦しさで周りのことなんて気にしてられません。ただ苦しみに悶えるだけです。

動けなくして喋れなくする。
他人に対する音声送信や人前で強制的に怒った顔にさせられる等、信じてもらえるかは非常に難しいですが、とりあえず被害の説明を試みます。一度ひとりの方に説明したのですが、その日以降、脳を攻撃して行動不能にしてきます。特に会話する絶好の機会である休憩時間には必ずです。

こんな事しなくても僕は消極的な人間なので、人に近づいて声をかけるなど簡単に出来ません。また積極的に声かけて説明したところで被害の内容が荒唐無稽なので信じてもらるのは難しいと思います。なのに脳を攻撃して動きを止めてきます。

コミュニケショーンの妨害もあるのでしょう。僕にコミュニケーション能力が無いことなど知ってる筈だが。いつも大勢の仲間同士でうまくやってる加害者達のコミュニケーション能力に比べたら足元にも及ばないよ。まさか僕の潜在能力に怯えてるわけじゃないと思うけどw

音声で悪口を聞かせて、怒った顔にさせて、呼吸困難を引き起こして顔を紅潮させ、何だか知らないけど常に怒ってて危ない奴、という風に印象付ければ十分じゃない?今まで通り。


毎度毎度、思うのが何故こんなにも必死なのか?
僕が加害者の立場だったら、ターゲットに好きなように動かせて努力させる。で、お前が精一杯努力したところで無駄だよwと馬鹿にするかな?そういうことをしないで、脳を攻撃して強引に動きを止めるということは、電磁ストーカーは僕の行動に怯えてるわけだ。人脈も頭の良さもお金も、何もないこの僕に対して。

どれほどの臆病者なのだろう、一度顔を見てみたいものだ。余裕ぶっての(安全な場所から)中年の婆さんの笑い声は聞こえるが。
機器を操ってる奴を変えてもらえないか?もうちょっと度胸のある奴に。僕が行動を起こしても「頑張ってる頑張ってるw」と余裕持って傍観できるような奴に。

脳に対する攻撃1

最終段階?でも書いたが、あれ以降、脳(主に前頭葉?)への攻撃は止むことは無い。日に日に強度が上がってるように感じる。

脳の機能が低下すると「人間としての行動の全てが困難になる」というのをここ数ヶ月、実体験として思い知らされている。

再度具体的な被害を書くと、
挙動不審になる、集中力が下がる、考える事ができない、一時的に思考が止まる、感情的になる(混乱、焦り)、身体に力が入らず動くことが困難または不能頭がボーっとして重く痛い、呼吸が苦しくなる、モノを落っことす、真っ直ぐ歩けない、身体の感覚が鈍る、何かどうでもよくなる、など。

先日、数名のハイテク被害者の方のブログをザッと読ませてもらった。同じように脳をやられてる方も何名かいるようだ。同じ脳への攻撃でも強度が違うのだろうか?何とか行動されてる方がほとんどだ。実際にお会いしたわけではないので、どれほど苦しまれてるか不明だが。

頻繁に更新されていて論理的な文章を書かれている、不幸のブログ(超低周波の恐怖)さんもやられてると知り驚いている。脳をやられてたら毎日ブログを書くとか論理的な文章を書くなどは僕にはとうてい無理だからだ。(疑ってるわけではなく、強度が違い自分への攻撃レベルはかなり強いものなのかという驚きです)

※リンク先のサイトは前頁を読んだ訳ではなく、サイトが信頼できるもなのかどうかは各自で判断して下さい。

最終段階?

去年の11月頃から頭重を強く感じる。
この時期からだ。呼吸困難や痛みなどの身体的苦痛、強制的に作られる表情や音声送信による精神的苦痛とは少し違う攻撃が加わった。

頭重、頭の重い痛みは、頭痛の軽い版だと思ってたが違う。脳の何処かに作用するエネルギーが当てられているような。今では頭重の重さが強く始まるとハッキリ分かり、以下のような症状が現れる。

集中力皆無、思考が一時的に止まる、感情的になる、見るモノ、聞くモノ、触れるモノの認識が出来なくなる。身体全体の力が入らず頭が重く痛く動けなくなる。自分が今何をしてるのか分からなくなる、など。

脳が機能しない=死んでるも同然ではないか?
なんだ、僕はすでに何度も殺されていたんじゃないかw

脳のメカニズム



1ヵ月前の前エントリー翌日。加害者側の意図は不明だが頭重の頻度が激減した。すると身体の感覚は研ぎ澄まされたように感じ、集中力は上がり夜までネットの文章を休み無く読める。超人にでもなったようだったのを覚えている。この状態がおそらく被害を受けていない普通の人達の身体感覚なのだろう。電磁波被害者は、相当なハンデを背負って日常生活を送っているわけです。

「何をやってもダメ人間」は、人為的に作り出せる事を知った。
世の中の見方がまた変わった。

しかし腹が立つ。本当は能力があるかもしれない人間を無能にする。
そして無能にしている連中が、本当の「何をやってもダメ人間」であることにたいして。

家に引きこもり安全な場所からハイテク機器を操作している電磁ストーカー。まるでハイテクの力を己の力と勘違いしている真の無能者。害でしかない。この連中は何としてでも闇社会から表に引っ張り出して制裁を加えないといけない。
絶対に放置しておいてはならない存在だ。


…と、少し脳をやられて感情的になってます。

最近の状況(10月~)

顔の筋肉を動かしてくる、呼吸困難、頭が重く痛い、朦朧感が、相変わらず毎日に続いてます。
顔の筋肉は、頬の筋を思い切り上げられ眉は下げられ目が開けられなくなり痛む。中心に筋が収縮し潰れるような感覚など。
呼吸は常に苦しく、意識しないで普通に呼吸できる時間は一日に何分あるのか。
前日の入浴の時には窒息しそうになる。とにかく苦しい。

今朝は六時に目が覚めるも頭が重く痛く布団から起きれず、結局起きたのは十時過ぎ。
昼食の時は、頬を左右に動かされ物が噛み辛い、頬が上がり眉が下がり目は開けられない。

外出時も相変わらずで、頬が引き上げられ目が開けられないし、顔全体が強張りズキズキする。頭は常に重くボーっとして働かない。時々眩暈が起きたように視界がぼやける。



10月下旬、渋谷の病院で、一番力が入り不快感を感じる眉の筋肉と、潰れる感覚を落とす為に鼻根筋に、筋力を落としシワを消すのに使われるボトックスを打ってきた。強制的に動かされる表情で人前で出る際の表情もマズイのですが、目が見えないとか痛みとかを和らげられないと考え。
打ってから2週間経過。打った箇所はシワが無くなり効果あったみたいだが、上に書いたように頬や他の筋肉を動かされるので、苦痛の軽減は望んでいたようにはいかず…。



ブログを書いていると、視界がぼやけてきて思考が鈍る。ブログを更新されるのが気に入らないみたいだ。始めの頃は余裕見せて書いても無駄だと言わんばかりの行動を見せていたのに。これはどういう訳か。
プロフィール

HK

Author:HK
神奈川県在住
「テクノロジーを悪用した犯罪」の被害者です。一般の方々には聞いた事のない犯罪だと思います。(加害者側の隠蔽工作もあって)
情報に惑わされず判断能力のある方々が見て下さる、信じてもらえると期待しブログでテクノロジーの悪用犯罪、集団ストーカー犯罪を訴えていきたいと思います。


電磁波犯罪による身体被害
(管理人の場合)


集団ストーカー被害を綴る(旧ブログ)


kalmiahorizon@gmail.com

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。